C# VB Web システム開発の部屋

システム開発で役に立つコードを厳選したブログです。

【比較】C#とVB.NETの特徴 違いとは?

 

C#の特徴

 生産性が高い Visual Basicオブジェクト指向言語として設計された C++ との両方のよい点を合わせもつ言語です。

 

洗練された構文によって効率よく、拡張性・再利用性の高いアプリケーションを構築できます。

 

C#のほうが優れているという意見も

かつてマイクロソフト社はVB.netを廃止してC#一本にフォーカスしようと計画していたという背景があるのかもしれません。本来無くなるはずの言語だったのだから、C#のほうが優れていて当然だろうという論理です。

 

マイクロソフト社によって開発されたオブジェクト指向型のプログラミング言語です。登場時期は 2000年

 

VB.NETの特徴

登場時期 2001年なのでC#よりは新しい言語です。

 

C++JavaC#などのC系言語と比較して、VB/VB.NETは文法が自然言語に近いため、プログラミング初心者にも比較的習得しやすく、また使いやすいといわれているが、本格的なソフトウェアの作成にも使用できる。 

 

 グラフィックスやゲームは、2DならばVB.NETで可能ですが、3Dとなると、C♯のXNAと言う機能を使わなければなりません(又は、C++DirectXという機能)。
しかし、Webでの3Dならば、WPFという機能で、VBでも可能です。